大滝よ しえもん個人サイト・玉砕倶楽部 HP

GyokusaClub bland : Since 1984 (Website : Since 2001/12/1)


更新履歴




'17/04/26
「玉砕日報」更新

'16/10/17 ライトノベル「アルバ イター決死圏第 1話(4) 更新

'17/01/27 ライトノ ベル「パ イリン・ ザ・ゴーレムマスター」 第5話(6)更新






各種動画ストリーミングサイト
からてきとうに配信中継中>



マーケットプレイス、お急ぎ便、配 達
時間指定の場合を除き、
無料配送
あわせ買い対象品は計2000円以上で







 
 
バックナンバーは↑バナーをクリック

'17/04/26
物理書籍の初動が二巻以降の初版の数を決めるので、電子書籍には売れて欲しく無い出版 社


電子書籍の「ニンジャスレイヤー殺(キルズ)」、三月にKindle版が出る予告があったのに、いざその時 になったら
突然中止に。何故ザマスかムキ〜ッ!っと思ってたら、Honto版でいつのまにか発売されてたので、全五巻 一気
買い、しかも丁度良いタイミングで半額クーポンが出ていたし。「少年漫画・特撮アトモスフィア重点」が売り の「殺」
は、ビジュアル的な細部が凝っているのが素晴らしい。
見た目が原作よりアレンジされたニンジャ、 特にアゴニィ=サンは・・・アイエエエエ変態!
その異形を初めて見た瞬間(心理的にも見た目にも)真っ白になってしまったタメジマ=サンの気持ちもワカ ル。
股間の「達し袋(通称)」が次第にパンパンにふくらんでいくのは何故だ?このニンジャが登場する「キックア ウト
・ザ・ニンジャ・マザーファッカー」は「殺」でしかコミカライズされてない回ザマスが、半分程「無印」や 「グラマラス
キラーズ」と被ってしまっているのは残念。「ユーレイ・ダンシング・オン・コンクリート・ハカバ」「デッド ムーン・オン・
ザ・レッドスカイ」「デストロイ・ザ・ショーギ・バスタード」「オウガ・ザ・コールドスティール」「フジ・ サン・ライジング」
「ネクロマンティック・フィードバック」そして人気の「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・ クロウ」あたりは
漫画でも読みたかったザマスなあ。いやそれより第二部以降の漫画版が数えるほどしかないのが残念。

(無印漫画本もこの調子だと殆ど第一部だけで終わりそうだ し、第四部はトンチキ要素が慢性的に不足気味・・・
まあこの間の満員電車内での戦いは久々に素晴らしくトンチキだったけど。)


'17/04/25
戦後のドサクサに闇市から始まったので、ゴチャゴチャ感がハンパ無いアメ横


たまに行くJR線高架の耐震補強工事現場。阪神淡路大震災以来、高速道路や鉄道の高架の柱に鉄板を巻き
つけるなどして強化する工事は、あちこちでず〜っとやってるのザマス。しかし例えば山手線や京浜東北線が
並んでいる高架の一部など、設計が古いものは細めの柱が何本もあって、普通はガード下の店舗などは柱と
柱の間に収まってるのに、建物の中にコンクリート柱がある状態。それの表面に化粧板を貼って店舗の壁に
なってたりするので、耐震補強するには店舗を全て解体しないとできないのザマス。なのでアメ横なんかは数年
前から大規模な内装工事+耐震補強工事が続いてるわけで。
ところでこのJRの耐震工事には以前から、マスコットキャラというかゆるキャラが設定されていて
それが「耐震たい蔵」と「耐 震たい子
わざわざ設定する意味がわからねえ!特に耐震たい子の方は前髪ぱっつんでツインテール、萌えキャラかお前
は!でも体は四角いし腕はロボットみたいだけど。側面にボルトが並んでるので、既に鉄板を巻き付けた状態の
模様。下半身は無いので動けないのか?いやきっとホバリングして・・・何のキャラだかもうわからねえザマ ス!

(雨の日の夜のアメ横、デジカメで撮ってエフェクトかければ ブレードランナーめいた世界に。)

'17/04/24
共通点・・・宮崎駿のアニメに出て来そう


個人的に好きな、1930年代の軍用機トップ3
ヴィッ カース・ウェルズリー/ブ レダBa.65/ハ インケルHe70=「当初高性能っぽいが中途半端
どれも偵察・爆撃・連絡機兼用(ブレダは戦闘機任務も)の、よく言えば万能機、悪く言えばどっちつかず。
出現当初はスペック的にも悪く無かったけど、どれも機体に対しエンジンが小さく、複葉機の多かった出現当時
は高速(ウェルズリーは大航続距離がウリだけど)でも、すぐにより高速の機体が現れ追われる立場に。防御
武装は貧弱、爆弾も大して詰めない・・・だがそれが良い!いかにも「過渡期」、その時の技術で速さや航続性 能
や他用途性を目指し、結果ユニークな外見とギミックを持つオリジナリティあふれる機体となったものザマス。
まあ第二次大戦に入ってから、これらのパイロットにはなりたくないザマスがね!カモだから!

(ウェルズレイとHe70はマッチボックスの1/72キット を買ったザマスが、ブレダは長らくキットが無く、しかし現在は
1/72と1/48があり。鋼管構造が再現された1/48キットを見ると、四 発の爆弾を縦にぶら下げ、機体腹部の丸穴
から投下する
、というステキなギミックが理解できるザマス。)


'17/04/23
マチルダもバレンタインも東部戦線ではモスクワ攻防戦から出現


タミヤ1/35MMの新製品は、歩兵戦車バレンタインとソ連軍仕様マチルダ。バレンタインの方もソ連軍デ カール
入りだし、実際生産数の半数以上がソ連に送られているわけで、共にソ連戦車キットと言えなくもないザマス。
しかしソ連ではマチルダは大不評、バレンタ インは大好評
大戦初期にドイツ軍の対戦車砲を弾きまくった無敵イメージのマチルダが不評で、スペック的にも実戦記録でも
パッとした印象のないバレンタインが何故好評か?まず第一に「泥」。秋冬の東部戦線は泥まみれになり、履帯
や転輪についたものが凍り付いたりしたのザマスが、砂漠向けな装甲スカートを外すことの出来ない構造(転輪
を支える部品でもある)のマチルダは、泥詰まりを起こしやすい上に取り除くのも困難。これに対してバレンタ イン
は砂漠用の大型スカートを外し、前後に付ける小型のフェンダーだけにできるザマス。
また、構造がシンプルで故障の少ないバレンタインに対し、マチルダはギアボックスが精密で東部戦線では故障
をおこしやすく、しかもブラックボックス化されていてユニットごと交換しなくてはいけないのザマスが、常に 替えの
ユニットが前線にあるとは限らない(なので自己流で直してしまった達人もいたそうで)。
何より、マチルダが無敵だった当時のドイツ軍対戦車砲は口径3.7cm、しかし東部戦線に現れた当時には長 砲身
で口径5cmになっており、翌年には長砲身5cmや7.5cm砲搭載のドイツ戦車も現れ、装甲の圧倒的優位 は失われ
ており、単に火力が弱く機動性の低い的に成りかねなかったのザマス。
これに対しバレンタインは、前面65mmの装甲を持ちながら重さはたったの16t(九七式チハより少し重い だけ)。
それまでソ連軍が使っていた歩兵支援用軽戦車T-26が基本的な装甲厚15mm、強化されて30mm程度な のに
対し倍以上。馬力は小さいが信頼性の高いエンジンと軽い重量で、最大速度は低くても路外での機動性は高い。
敵戦車を撃破できる圧倒的な性能は無くとも、T-26に代わり歩兵を支援する戦車としては頑丈で信頼がおけ る
わけで、つまりは「使える」戦車なわけザマスな。しかし後により優れたスペックの、クロムウェルの供与を断 り
バレンタインを受け取り続けたってのはよくわからん、お前らそんなに垂直に切り立った装甲板が嫌いか。

(アメリカ製戦車に乗った元ソ連戦車兵への戦後のインタ ビューでは、何れも車内に搭載してあったトンプソンM1
サブマシンガンを「低初速・低貫通力で役立たず」と酷評。.45口径のマンストッピングパワーより、 7.62mmトカレフ
弾を使うPPshのように、高初速で貫通力が高く、発射速度も高いサブマシンガンの方がお好みの模 様。)





掲 示板


KGBBS
(掲示ぃB)

メー ルはこちらへ







玉砕倶楽部HP・コンテンツ


 リンク劇場
玉砕倶楽部WS  MY BIKES


こ のサイトの著作権は 大滝よしえもんにあり、これを無視する行為に対しては「これから死ぬまで何をやっても上手く
いかない、この世にいてもいなくてもいいその他大勢の一人としての灰色の人生」しか送れなくな る呪いが発動します



Bicycles | Bikes | Mountain Bikes - ChainReactionCycles.com